自社サイト(ホームページ)の必要性とは?Webサイトを開設するメリット・デメリット

自社サイト(ホームページ)の必要性とは?Webサイトを開設するメリット・デメリットのアイキャッチ画像

自社サイトを作るかどうか検討している人もいるでしょう。

サイトを立ち上げるには費用がかかりますので、メリットがないなら作らないと考えるでしょう。

ということで今回は、自社サイトを開設する必要性・メリットについて書いていきます。

この記事を読めば、会社にとってWebサイトがどのように役に立つかがわかります。

※ちなみに、ホームページは「自社のWebサイト」という意味で使われることがありますが、本来はブラウザを立ち上げた時に表示されるサイトのことです。この記事では、「自社サイト」で統一します。

自社サイト(ホームページ)を作るメリット

それでは、自社のサイトを開設するメリットを紹介していきます。

メリット① 信頼性が上がる

自社サイトがないと、その会社が存在しているのかすら分かりません。

登記していない団体が「会社」を名乗ることは違法なので、Webサイトで「株式会社〇〇」と出てくるだけでも安心感があります。

また、サイト内に取引している企業や銀行を掲載していれば、ちゃんと営業している会社だというのが分かります。

もちろん、Webサイトがある会社が全て信頼できるという訳ではありませんが、ないよりは信頼されます。

メリット② 事業内容が把握してもらえる

自社でどんな事業を行なっている知ってもらうには、Webサイトがあった方が良いでしょう。

例えば、名刺交換をした際に、交換した相手がどんな事業をしているのか、どんな会社に所属(どんな会社を経営)しているのか知りたいと思うことがあります。

そんな時に、Webサイトを覗いてみることもあるでしょう。

私自身、名刺交換をした相手の企業サイトを拝見させていただくことが多々あります。

Webサイトは自社のことをもっと知ってもらう手段になります。

運がよければ、Webサイトを見て事業内容を知ってもらうことで、仕事の依頼に繋がる可能性もあります。

メリット③ 問い合わせの窓口になる

Webサイトで問い合わせページを設置しておけば、そこが窓口になります。

わざわざ電話をかける必要がなくなり、気軽に問い合わせしやすいというメリットがあります。

企業側も、電話対応をする必要がなくなるので、空いた時間に問い合わせの対応をすれば良くなります。

連絡手段が明確なのは、問い合わせしてくれる人にも親切です。

メリット④ 採用活動がしやすくなる

自社のサイトがあれば、採用ページを作ってそこから求人を募集することも可能です。

採用ページで会社の様子や業務内容を明らかにすれば、働くイメージがしやすくなります。

求職者としては、Webサイトがない会社に入るのはちょっと不安に感じると思います。

メリット⑤ マーケティングに使える

Webサイトがあれば、広告を出稿したり自社メディアを作ったりして、顧客の獲得につなげることができます。

自社サイトがないとWeb上でのマーケティングができないので、顧客獲得の機会損失が生じます。

実際に弊社もWebで広告を出稿したり自社メディアを運営したりして、そこから売り上げに繋げています。

メリット⑥ アクセスしやすくなる

商談で相手先の会社に向かう時、Webサイトで住所を調べると思います。

もしWebサイトがないとわざわざ先方に場所を尋ねる手間が生まれますし、聞き間違い・伝え間違いがないとは限りません。

実店舗がある会社なら尚更です。Webサイトがなければお客さんがお店の場所を把握できません。

メリット⑦ 他サイトに紹介してもらいやすい

ブログなどで何かのサービスを紹介する時、サービスを運営している会社のサイトを掲載することもあるでしょう。

そのブログを読んだ読者が会社に興味を持ったとしても、会社のWebサイトがなければ紹介ができません。

他者が運営しているサイトに紹介してもらえると、そこから自社サイトへのアクセスが見込めます。

自社サイト(ホームページ)を作るデメリット

ここまではメリットだけを挙げていきましたが、念のためデメリットもお伝えしておきます。

デメリット① お金がかかる

自社サイトを作ることを躊躇してしまう原因は、おそらく予算だと思います。

Web制作会社にサイトの制作を依頼すると、少なくとも数十万円の費用が必要になります。

細かい費用ですが、年間で数百円〜数千円前後のドメイン代と月に数百円から数千円のサーバー代もかかります。

サイトを開設するためのお金は費用と捉えるのではなく、「投資」であると考えましょう。

サイトから上手く集客ができれば、投資した以上のリターンが望めます。

デメリット② 更新・管理の手間がかかる

Webサイトを立ち上げたらそれで終わりではなく、サイト内の情報を更新などする必要があります。

自社で更新・管理ができない場合は他社に依頼をするので、費用も発生します。

デメリット③ 改ざんのリスクがある

セキュリティをしっかりしておかないと、サイトが改ざんされるリスクがあります。

サイトが全く別のページに飛ばされる、問い合わせフォームで情報を抜き取られる、などの被害に遭う可能性もゼロではありません。

自社のサイトを立ち上げる際は、制作会社にしっかりとセキュリティ強化を依頼しておきましょう。

自社サイト(ホームページ)がないと、チャンスが減る

当社ではWeb広告や自社メディアを活用して、顧客獲得をしています。

もしWebサイトがなければ、ここまで売り上げを伸ばすのは困難だったと思います。

自社サイトを上手に活用することで、ビジネスチャンスが生まれるのです。

まとめ

ここで紹介したように、自社のWebサイトを開設することにはたくさんのメリットがあります。

自社のサイトを持つと、定期的な更新や管理が必要になりますが、その手間や費用に比べてメリットの方が大きいでしょう。

サイトを立ち上げる必要性はかなり高いのではないでしょうか。

この記事を読んで自社のサイトを作ろうとお考えであれば、すぐに着手して欲しいと思います。