M1 Macにnodenvをインストール(Node.jsバージョン管理)

「M1 Macにnodenvをインストール(Node.jsバージョン管理)」のアイキャッチ画像

今回は、Node.jsのバージョン管理ツール、Nodenvのインストール方法を紹介します。

Homebrewすらインストールされていない前提で進めていきます。

nodenvを使う理由

これまではNodebrewを使っていたのですが、プロジェクトごとにNode.jsのバージョンを切り替えるのが面倒でした。

nodenvなら、プロジェクトごとにバージョンを設定できるので、バージョンを切り替える手間がかかりません。

という訳で、新しいMacを購入したのをキッカケにnodenvを使おうと決めました。

Homebrewをインストール

https://brew.sh/index_ja

インストールの下にあるコマンドをターミナルで実行します。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

パスワードを聞かれたら入力し、「return」キーを押すように指示されたら「return(いわゆるエンターキー)」を押してください。

インストールが完了したら、パスを通します。「ユーザー名」はご自身の環境に合わせて書き換えてください。

echo 'eval $(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)' >> /Users/ユーザー名/.zprofile

こちらも実行

eval $(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)

anyenvをインストール

先ほどHomebrewをインストールしたので、brewコマンドが使えるようになっているはずです。

以下のコマンドを実行してみてください。

brew install anyenv

インストールできたらパスを通します。

echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.zshrc $ exec $SHELL -l

次に以下のコマンドを実行

exec $SHELL -l

私が実行した時は「parse error」が出ましたが、気にしないで大丈夫みたいです。

nodenvのインストール

いきなりインストールするとエラーが出るので、一度初期化します。

anyenv install --init

初期化したらnodenvをインストールします。

anyenv install nodenv

再度以下を実行

 exec $SHELL -l

これでnodenvコマンドが使えるか確認してみましょう。

nodenv -v

バージョン情報が出たらインストールは完了です。

nodenvを使ってみる

利用できるNode.jsのバージョンを確認してみましょう。

nodenv install -l

バージョンは色々ありますが、今回はM1チップに対応しているバージョン16の最新版をインストールしていきます。

記事執筆時点では「16.6.2」が最新版なのでこちらをインストールしてみます。

nodenv install <meta charset="utf-8">16.6.2

…結構時間かかりませね。

インストールできたら、念の為リフレッシュします。

nodenv rehash

インストールしたバージョンをデフォルトにします。

nodenv global 16.6.2

Node.jsがインストールされたか確認してみます。

node -v

「v16.6.2」と表示されたら成功です。

プロジェクト単位でNode.jsのバージョンを指定

プロジェクトによって使うNode.jsのバージョンが違う場合、そのプロジェクトで使うNode.jsのバージョンを指定することができます。

例えば、あるプロジェクトでは「バージョン15.14.0」を使いたい場合は、以下の手順で行います。

まず、使用したいバージョンのNode.jsをインストールしておきます。

<meta charset="utf-8">nodenv install <meta charset="utf-8"><meta charset="utf-8">15.14.0

プロジェクトに移動します。

cd プロジェクトのパス

次に、そのプロジェクトで使うNode.jsのバージョンを指定します。

nodenv local 15.14.0

これでこのプロジェクトディレクトリ内では15.14.0が使えるようになります。

「.node-version」という隠しファイルが生成されているはずです。

node -v

これで「15.14.0」が表示されれば完了です。